スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←【一言】第1話の陛下の気持ちを妄想・まとめ →いただきもの 慎様より癒されイラスト「しーっ」
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 愛の檻シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png リレーss
総もくじ  3kaku_s_L.png +小説以外(感想・考察etc)
もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • [【一言】第1話の陛下の気持ちを妄想・まとめ]へ
  • [いただきもの 慎様より癒されイラスト「しーっ」]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

「+小説以外(感想・考察etc)」
ひとこと萌え

【一言】夕鈴の罪

 ←【一言】第1話の陛下の気持ちを妄想・まとめ →いただきもの 慎様より癒されイラスト「しーっ」
陛下のことをあれこれ考えていると、ふと菊池寛の『忠直卿行状記』を思い出しました。
> が、この女が自分を愛していないばかりでなく、今まで自分を心から愛した女が一人でもあっただろうかと、忠直卿は考えた。
> 彼は今まで、人間同士の人情を少しも味わわずに来たことに、この頃ようやく気がつき始めた。

一言で言ってしまうと、君主の立場にある人が、君主としてでなく一人の人間として扱われたい、という望みを持ってしまったが故の悲劇、ということでしょうか。
主人公は親に叱って欲しくてわざと悪さをする子どものようなことをするんですが、お殿様なものだから、それが家臣の妻を寝取ったりとか、めちゃくちゃなことになってしまって。

で、陛下。
陛下は夕鈴によって、王としてでなく一人の人間として息をすることを覚えてしまったようです。
第4話で李順が危惧していたのはこれなのかな。そこまで意識してないかもしれないけれど、危険は感じ取っているような気がする。
「周りにいたことがないから新鮮だ」って・・・“新鮮”なんて言ってられる内で済めば良かったけど、もう無理だね!
「・・・ただ私は彼女がごく普通に接してくれるのが可愛くて楽しくて嬉しいだけだ」って・・・いやいや、“だけ”とか言ってるけど、もうはまってるからね!
陛下が夕鈴を逃がさないというのは、すなわち陛下もまた夕鈴から逃げられなくなるということでもあり。
夕鈴は「『狼陛下』は好きになったらダメな人」なんて言ってるけど、陛下にとっても”夕鈴は好きになったらダメな人”なんじゃないかな~。
ああ・・・この頃からすでに5巻の迷走の萌芽が(T^T)

王である前に一人の人間として、彼を受け入れることができるのは、夕鈴しかいないんだろうな。
あの浩大ですら、王様としての陛下がまず先にあって、そのへんきっちり線引きしてますからね(「オレはアンタの道具だもの」(第19話))。
一人の男として愛されなくてもいい、一人の人間として受け入れられたい――
だから「嫌っててもいいから帰ってきて」(第21話)なんて発言になるのかな。
夕鈴・・・罪が深いよ。
責任をとって嫁になってやれ!

この記事を書くに当たって、『忠直卿行状記』をwebでささっと目を通しました。
「(どんな美人であっても)妃以外はどれも似たようなものだが」などの陛下の台詞は、やっぱり本音なんだろうな・・・としみじみ思えました。

総もくじ 3kaku_s_L.png +小説以外(感想・考察etc)
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 愛の檻シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png リレーss
総もくじ  3kaku_s_L.png +小説以外(感想・考察etc)
もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • [【一言】第1話の陛下の気持ちを妄想・まとめ]へ
  • [いただきもの 慎様より癒されイラスト「しーっ」]へ
 

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。
  • [【一言】第1話の陛下の気持ちを妄想・まとめ]へ
  • [いただきもの 慎様より癒されイラスト「しーっ」]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。