スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←未成年、入室ご遠慮願います。 10 →未成年、入室ご遠慮願います。 12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 愛の檻シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png リレーss
総もくじ  3kaku_s_L.png +小説以外(感想・考察etc)
もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • [未成年、入室ご遠慮願います。 10]へ
  • [未成年、入室ご遠慮願います。 12]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

リレーss

未成年、入室ご遠慮願います。 11

 ←未成年、入室ご遠慮願います。 10 →未成年、入室ご遠慮願います。 12

夕鈴がふとんの中に入って、眠りにつくまでのあいだ――

今日はいろいろあったなあ……

公園で、黎翔を膝枕していたときのことを思い出す。
黎翔さんてば、人の膝の上で寝ちゃって。
最初はふざけてるのかと思ったけど。
本当に寝てたのには、びっくりした。
さらさらの髪の毛をなでながら、まつ毛長いなあ……なんて眺めていた。
眠っている黎翔さんは、なんだか子どもみたいで。
出会い頭にいきなりキスしようとした人とは思えない。
「……もう、おいたしちゃダメですよ?」
寝顔に小言をぶつけてみる。もちろん返事はない。
むにっと軽く頬をつまんでみる。それでも彼は起きない。
ふふっとひとりで笑ってしまった。

――今度は、お弁当を作って公園に行こう。
黎翔さんは好き嫌いあるかしら。
次に会ったとき、聞かなくちゃね……




そのころ、黎翔は――書類に目を通していた。
コーヒーを一口すする。
――あの子は、ブラックコーヒーなんて飲まないんだろうな。
カフェオレとか?紅茶かな。
夕鈴だったら、ホテルのバーじゃなくてティールームかな。あの銀色のお盆が3段重ねになっていて、上にちまちま乗っかってるの、なんていったっけ?ああいうの喜ぶかなあ……
ふふっと笑ってから、我に返る。
……大丈夫、わかっているさ。これはただの「婚約者ごっこ」だ。
ごっこ遊びを楽しんで何が悪い?
楽しければいいんだ。楽しくなくなったら切り捨てる。
今までと同じだ。何も変わらない。
何も――
彼は自分に言い聞かせながら、ぐっとコーヒーを飲みほした。
なぜかいつもより苦く感じられた。






もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 愛の檻シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png リレーss
総もくじ  3kaku_s_L.png +小説以外(感想・考察etc)
もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • [未成年、入室ご遠慮願います。 10]へ
  • [未成年、入室ご遠慮願います。 12]へ
 

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。
  • [未成年、入室ご遠慮願います。 10]へ
  • [未成年、入室ご遠慮願います。 12]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。