スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←◆ある朝の風景 →【感想】第26話 小犬、すねる。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 愛の檻シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png リレーss
総もくじ  3kaku_s_L.png +小説以外(感想・考察etc)
もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • [◆ある朝の風景]へ
  • [【感想】第26話 小犬、すねる。]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

「+小説以外(感想・考察etc)」
語り

【語り】可歌先生、恐るべし。

 ←◆ある朝の風景 →【感想】第26話 小犬、すねる。
◆警告!寝所系ネタです。雑誌(先月発売の第25話)ネタバレです。管理人がいつもよりぶっ壊れてます。
どんと来い!と自信を持って言い切れる方以外は、お手数をおかけして恐縮ですが、お戻りください。

次号もうすぐ発売か~、ふんふ~ん♪
なんて読み返していたら、妄想たぎってきちゃったのでちょっと吐き出します!
読んだ方が気分を害される恐れのある、下ネタな箇所は≪≫で挟んで文字色変えてあります。










清濁合わせあまたの萌えポイントを提供してくれる第25話ですが、濁でいえば(ええもう濁ですよ?)、なんといっても、お膝だっこですね!
きたーーーーっ!お膝だっこーーーっ!!やっぱり陛下は≪長椅子好きだから(なにその断言)、そういう体勢好きなんだろうね、きっと≫。
このシーンで≪「陛下、お尻に何か当たるんですけど」≫なんて下ネタが浮かんじゃった私は、もうララ読者の資格ないかもね。なくても読むけど。

いや、しかし。
今回読み返していて新たな発見があったのは、例の「あーん」シーンです。
このシーンの狼陛下、なんかこう、セクシーさを感じさせませんか?
確かに、食べるという行為はある意味すごくエロティックなんですけど・・・。
それをわずか2、3コマで表現してしまう可歌先生って、すごくないですか!?
しかも、ご飯粒やソースなどの小道具を一切使わずに!
ララに掲載可能な範囲内で表現してしまうんですよっ!?
・・・先生、上級者過ぎます。もはや芸術的です。
お膝抱っこに萌えて下品な下ネタに走ってる場合ではありませんよ、深見。
という神(創造主可歌様)のみことばが聞こえてきたような気が致しました。(神も迷惑だろう)

そして最後の〆は
>--私はこんなに君を大切にしたいのに
>あんまり愛らしいと時折どこかへ連れ去ってしまいたくなる ・・・困った妃だ
どこかって、≪もちろん寝所ですよねっ!?≫とララ読者失格の深見はすぐ思っちゃうんですけど。
ララ的には、”ふたりの逃避行~誰も知らない場所へ、君とふたりで~”みたいなあま~い感じにも読めるわけです!(いや、そっちが本当だろう)

すばらしいです可歌先生っ!!
清らかな読者はもちろん、清らかでない読者をも楽しませてくれる真のエンターテイナー!!
あー、次号がた・の・し・みっ♪
はーやく水曜日にな~あれっ♪


総もくじ 3kaku_s_L.png +小説以外(感想・考察etc)
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 愛の檻シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png リレーss
総もくじ  3kaku_s_L.png +小説以外(感想・考察etc)
もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • [◆ある朝の風景]へ
  • [【感想】第26話 小犬、すねる。]へ
 

~ Comment ~

コメント御礼 

>Mさま
いつも温かいご声援ありがとうございます!
ドラマCD出たら・・・萌えすぎちゃうかも!!
あ~、でも夕鈴はかわいいだけじゃなくて、この人がいずれ王妃になるんだと納得させるような、品のある人がいいですね~。うふ。

清・濁どっち?といえば濁なコメント 

毎度、深見様のお言葉は、私の濁心をくすぐります\(><)/(もちろん、もともと持ち合わせておりますが)
まずハイ<<2次小説では長椅子ネタも是非!!陛下の手腕がみてみたい!!もちろんin R15のお部屋で!!>>ずうずうしいお願いです。おききながしください。
そして、最後の〆は。。。もうそれっきゃないですよね!!夕鈴の「もう、陛下ったら・・・」夕鈴はどこを思ったのか!?彼女の甘セリフ返し、できていたらなんて答えていたんだ!?やはり、ララ的な場所へおつれ下さい。。。。なのか??←私の想像力の限界(× ×)
私も神(創造主)のみことばがききたい。。。(まだまだ修行不足です。)←なんのでしょう?(笑
これからも、こころかきみだす感想楽しみにしています。

Re: 清・濁どっち?といえば濁なコメント 

リクエストありがとうございます!
リクエストうれしいですよ!実際に書けるかどうかは、うれしい気持ちとはまた別なんですが。
<<長椅子ネタは・・・実は書きかけだったりします。あ、でもR15です。(でもって何だ^^;)>>
気長にお待ちいただければ幸いです。年内にはupします!

夕鈴の甘セリフ返し①ギャグ夕鈴編:
「もう、陛下ったら・・・お戯れを・・・」
「・・・戯れだというのか?」
狼陛下の目が、剣呑な光を宿した。
(ひいいいいっ!!)
夕鈴がおののくと、その光はふっと和らいだ。
「私の戯れも、本気も・・・すべて君のものだ、夕鈴。我が妃よ・・・」

②男前夕鈴編:
「もう、陛下ったら・・・どこかへ連れ去るなどと、そのような・・・。私は、ここがいいです。ここで・・・後宮で、陛下のおそばにおります。・・・お許しいただけますか・・・?」

すみません、ララ的な場所はわかりません。深見は濁も濁、もうつゆだくですから(意味不明)
修行不足などと、何をおっしゃいますやらtaitaiさま。
素敵な萌え燃料ありがとうございます!!
またリクエスト・ご来訪お待ちしております☆

「夕鈴の甘セリフ」ありがとうございます 

うれしいお返事ありがとうございます。待ちますヨいくらでも!!ゆっくりと深見様の納得のいく作品をつくられて下さいマセ\(^。^)/~
夕鈴の甘セリフの素敵な考察をありがとうございます。おかげ様でもんもんが少しすっきりしました(*^ ^*)
そう、夕鈴の恋愛度数は低かった。。。超現実的思考を持っていそうな夕鈴が、どこぞの夢の国へ連れていかれたいなんて思う確率は、低いですね(T T)目が覚めました(><)σ
でも、どちらの甘ゼリフでも、陛下によって、より甘甘のものへ変化しそうですね~。素敵ですvv
いつも、丁寧なコメントへのお返事ありがとうございます。嬉しくてまたコメントしてしまいました。素敵な考察がまた読めて眼福です。

Re: 「夕鈴の甘セリフ」ありがとうございます 

いや、でも夢の国もいいですよね。
私は下町編で陛下が「いついかなる場所にあり どんな姿格好をしていようと 君はかわいい私の妃だ」という台詞、ひっくり返すと、「たとえ僕が王様じゃなくても、君は僕のことを愛してくれる?」みたいな陛下のお気持ちなのかな~、なんて。まあ王様じゃない陛下ってなんか想像できませんが(笑)
こちらこそコメントありがとうございます。カウンターの数字が増えるのも、もちろんうれしいんですが・・・カウンターから自分のアクセスを除外する設定ができなくて、うっかり自分でキリ番踏んじゃったりするアナログ深見ですから(笑)

またまた。。。 

またまた、すみません。
夢の国いいでしょ~。ララ的な場所も、言い方をかえると。。。。フフフ
下町編の考察いいですねvv是非、ツイッター風でもつぶやいていただけると、コメかいちゃうと思います。この陛下は子犬風ですね。王様じゃない陛下。。。。よりフリーダムな感じになりそうですね~。

Re: またまた。。。 

またまたコメントありがとうございます!
実はtaitaiさまからいただいた素敵な考察などをコメント欄だけにしとくのもったいないかなあと思ってたんですが。そのうちツイッター風に再掲してもよろしいでしょうか。taitaiさまからいただいたと添えて。
下町編の陛下はニュートラルな感じ(ちょい黒小犬?)が強いですね。狼陛下と小犬陛下の極端から極端へいく必要がないと、ああいう感じになるのかな、なんて。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。
  • [◆ある朝の風景]へ
  • [【感想】第26話 小犬、すねる。]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。