スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←【リレーssはじめました】未成年、入室ご遠慮願います。 1(+設定) →未成年、入室ご遠慮願います。 3
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 愛の檻シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png リレーss
総もくじ  3kaku_s_L.png +小説以外(感想・考察etc)
もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • [【リレーssはじめました】未成年、入室ご遠慮願います。 1(+設定)]へ
  • [未成年、入室ご遠慮願います。 3]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

リレーss

未成年、入室ご遠慮願います。 2

 ←【リレーssはじめました】未成年、入室ご遠慮願います。 1(+設定) →未成年、入室ご遠慮願います。 3
§(瀬津音)
「あ、あの…ちょっと」
「ん?」
「なんですか。この状況」
「だって婚約者の振りをしてくれるんでしょ?」

今日初めて会った顔が綺麗に微笑む。

「婚約者なら、お互いを知っておかないとね」

「いやいやいやいや」
「なんで避ける」
「冗談でしょ」
「冗談を言う顔に見える?」

ぐいぐいと迫ってくる顔から必死に顔を背け、両手で押し退ける。

「たかがキスだよ?」

―――たかが?
たかが、とおっしゃいました?今。

この時自動的に夕鈴の中で目の前の彼は『タラシ』認定された。

「あたし…っ!そんな簡単に唇なんて許さないんです!!」

実際には一度たりとも許した事などないのだけど。
しかし相手はこう捉えてしまった。

―――つまりは、身体は売っても親愛の情を深める唇は許さない…って事か。

「―――面白い」

逆に彼には誰彼構わず唇を差し出してくる。それは彼の美貌や財力に目がくらんでの事であったが。
それを真っ向から拒否するとは。

「―――その唇」

すいっ、と顎を持ち上げられ、無理矢理視線を絡め取られる―――

「必ず戴く」



もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 愛の檻シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png リレーss
総もくじ  3kaku_s_L.png +小説以外(感想・考察etc)
もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • [【リレーssはじめました】未成年、入室ご遠慮願います。 1(+設定)]へ
  • [未成年、入室ご遠慮願います。 3]へ
 

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>sennsyuu様 

コメントありがとうございます!
現代パラレル、深見の好みがモロに出てしまいそうです(笑)
付き合わせてしまってごめんなさい、瀬津音さん!

なんで私こういうのが好きなんだろう?と思ったら、
昔のハリウッド映画で、ビリー・ワイルダーの
昼下がりの情事とか、お熱いのがお好きとか、ああいうのの影響をひしひしと感じます……。
勘違いマニアにはおすすめの映画ですよv
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。
  • [【リレーssはじめました】未成年、入室ご遠慮願います。 1(+設定)]へ
  • [未成年、入室ご遠慮願います。 3]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。