スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←逃避行 →未成年、入室ご遠慮願います。 2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 愛の檻シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png リレーss
総もくじ  3kaku_s_L.png +小説以外(感想・考察etc)
もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • [逃避行]へ
  • [未成年、入室ご遠慮願います。 2]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

リレーss

【リレーssはじめました】未成年、入室ご遠慮願います。 1(+設定)

 ←逃避行 →未成年、入室ご遠慮願います。 2
恐れ多くも瀬津音様から、リレーssやりませんか?と声をかけていただきました。
現代パラレルです。
【警報】大人な笑いが混じってます
【警報】黎翔さんがヘタレ


◇(深見)
「おい、誰だアイツを『後宮』の配達に行かせたの」
「えっ?夕鈴、行っちゃったんすか?」
「これだからあのガキは……」
おしぼり卸の几商店の跡継ぎは、頭をぼりぼりと掻いた。

そのころ、当の夕鈴は、配達を終えて――『後宮』の中で迷っていた。
焦った夕鈴は、前から来た人とぶつかってしまった。
「すみません!」
「いや、こちらこそ」
相手の青年は紳士然と微笑んだ。
「……君、ひとり?」
「はあ、仕事ですので」
「ああ、そうか、『仕事』か……」
青年はまじまじと夕鈴を見つめてきた。
「?すみません、帰るとこなので」
「待って!」
青年は夕鈴の腕をつかんで引き留めた。
「君に仕事を頼みたい。僕の婚約者のふりをしてほしいんだ」
「え?」

――彼女に声をかけたのは、彼女が場違いに見えたからだ。
そういう経験がないように見えたから。
ところが彼女は『仕事』で来ているという。
驚いたが、同時に彼女こそうってつけの人材だと思った。
この自分でさえ騙されたのだから、誰も彼女を金で買われた婚約者だとは思うまい――

「社長?」
「李順。彼女なら適任だと思わないか?」
「黎翔様の婚約者にですか?」
青年は、連れの眼鏡の青年と話し始めた。
夕鈴は目をぱちくりさせた。
(え?ここって、そーゆーとこよね?男性二人で来るなんて、この人たち、そーゆー関係なの?
そっか、だから婚約者のふりをしてほしいのね。二人の関係のカモフラージュに)
夕鈴は心を決めた。
「わかりました。私でお役に立てるなら」

――ここは、恋人たちが憩うホテル『後宮』。
そこに『仕事』で来たと言った夕鈴は、娼婦と勘違いされ、
男性二人で来た黎翔は、同性愛者だと勘違いされ――

どうなる、二人の行方。



(つづきは瀬津音様へパス☆)



<瀬津音様からいただいた設定はこちら>
・「後宮」:リニューアルされたラ○ホ
・珀黎翔:ホテル「後宮」グループを経営する3代目。あまりにも時代にそぐわないので、只今リニューアルを押し進める
・汀夕鈴:山の中にあるホテル「後宮」の一件におしぼりを卸す「几商店」のバイト





もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 愛の檻シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png リレーss
総もくじ  3kaku_s_L.png +小説以外(感想・考察etc)
もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • [逃避行]へ
  • [未成年、入室ご遠慮願います。 2]へ
 

~ Comment ~

NoTitle 

う、わあああーっ!
ありがとうございますっ!ありがとうございますっ!

お二方のリレーSSが拝読出来るなんて!
幸せです!

生きててよかった(つД`)ノ

>あさ様 

いらっしゃいませ~♪
喜んでいただけてうれしいです!
期待を裏切ってないといいな……どきどき
いや、瀬津音様のターンでは黎翔さんがびしっ!と決めてますけどね?

NoTitle 

幸せです。
リレー楽しみにしてます!

>羽梨様 

わーい、コメントありがとうございます!
コメントいただけただけでもうれしいです!羽梨様が元気でお過ごしならば!
ありがとうございます♪
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。
  • [逃避行]へ
  • [未成年、入室ご遠慮願います。 2]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。