スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←◆◆ 名前 →第58話ネタバレ感想 かわいい兎
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 愛の檻シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png リレーss
総もくじ  3kaku_s_L.png +小説以外(感想・考察etc)
もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • [◆◆ 名前]へ
  • [第58話ネタバレ感想 かわいい兎]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

「+小説以外(感想・考察etc)」
ひとこと萌え

【一言】57話ネタバレ 陛下のジレンマ

 ←◆◆ 名前 →第58話ネタバレ感想 かわいい兎
いまだに考えてしまう57話。ネタバレで、考えたことをつらつらと。

















今回、陛下が夕鈴を手放す決断をしたのは、なぜか。
これ以上は、王の権力を使ってでも夕鈴を引き留めたくなってしまう――そんな自分の限界を感じたからでは、
とふと思った。
そもそも国王の権力をもってすれば、小娘一人後宮に閉じ込めるぐらい造作もないこと。
でも陛下はそれを徹底して忌避している。時には滑稽なぐらいの手間をかけて。(家出事件のときとか)

恋に落ちたら、好きな人を振り向かせるためならどんなことでもするものだと思うが、
陛下の場合、絶大な力を自ら禁じ手にしてしまってるんだよね。
夕鈴には、王に従う妃ではなく、夕鈴のままでいて欲しい。
だから夕鈴に対して国王の権力は使えない。

王として何も要求されない、請われない、「王様」をお休みできる唯一の存在。
(夕鈴は真面目に働くことは要求するけど、人としてであって、王様とか全然関係ないし)
陛下にとっては奇跡のような関係だけど、
禁じ手を使ったら、すべては壊れ、二度と元に戻らなくなってしまう。
それぐらいだったら――ということなのかな?

嫁ぎ先発言も、そういう文脈で、陛下が本気で二人の関係の終わりを考えているんだな、と思う。
なんかすごく権力を感じさせる発言だから。
国王の権力をもってして選ばれた白陽国最高の花婿、というのもちょっと見てみたかったが。
まあそんなのなくても夕鈴は幸せな結婚しそうですが。

陛下の甘セリフの数々は、陛下にとっては今までにしたことのない(そしてこれからも夕鈴以外とはすることがないであろう)新鮮な遊びなのかもしれない。
王と妃だったら、あんなの必要ない、王が誰かを口説く必要なんてないと思うし。そんなことする前に向こうから来ちゃうだろうし。
だから、夕鈴が相手でないとできない遊び。
だから、やりすぎなぐらい楽しんでいるのかもしれない。

「君が嫌がるなら何もしない」なんて言ってる陛下を見ると、揺れてるのかな?とも思います。
あれはちょっと本気入ってたと思う。本人が意識しているかはわからないけど。
陛下って、行く末をガチガチに決めてるというよりは、柔軟に臨機応変に対応しそうな感じなので。


総もくじ 3kaku_s_L.png +小説以外(感想・考察etc)
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 愛の檻シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png リレーss
総もくじ  3kaku_s_L.png +小説以外(感想・考察etc)
もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • [◆◆ 名前]へ
  • [第58話ネタバレ感想 かわいい兎]へ
 

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。
  • [◆◆ 名前]へ
  • [第58話ネタバレ感想 かわいい兎]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。