スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←◆◆2 どこが熱い?  →第54話、55話 ネタバレ感想
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 愛の檻シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png リレーss
総もくじ  3kaku_s_L.png +小説以外(感想・考察etc)
もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • [◆◆2 どこが熱い? ]へ
  • [第54話、55話 ネタバレ感想]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

若い陛下×大人夕鈴シリーズ

食事

 ←◆◆2 どこが熱い?  →第54話、55話 ネタバレ感想
若い陛下×大人夕鈴で、陛下をかわいいなあと思う夕鈴のお話。短いです。
倉庫をあさっていたら、出てきたので、ついでにupしちゃいます。
 
 
 
夕鈴は陛下の好きな焼き餃子を取って、待ち構えている陛下の口元へ運んだ。
もぐもぐと無心で食べる陛下。
「んー、おいしい!」と満面の笑顔。
「ふふ、そうですか?」
「ゆーりん、何笑ってるの?」
「え?何も?」夕鈴はにこにこしながら答えた。
「嘘だ。笑ってる」
むう、とすねる陛下。
そんな様子もかわいいと思ってしまう。
・・・昔の私は、とてもそんな余裕なかったな・・・。
夕鈴はなつかしいような気持ちに浸っていたが、ふと、彼の口元にごはんつぶが付いているのに気付いた。
考えるより先に、体が動いていた。
唇でつまむように、ごはんつぶを取る。
「ゆう・・・」
陛下は瞬きした。
はっと夕鈴は我に返った。
いけない、相手はいつもの陛下じゃなかった!
「あの、今のは、ただの癖というか・・・」
「癖?」
「いつのまにかできてしまった夫婦間のルールというか・・・とにかく、他意はないんです!」
「・・・なるほど。未来の私は、君を相当仕込んでいるようだ」
ぐい、と手首をつかまれる。
「他に、どんなことを仕込まれた?」
紅い瞳が妖しくきらめく。夕鈴は狼と目が合ってしまった兎のごとく、身の危険を感じた。
「ダメです!今は食事中です!」
「私もそのつもりだが」
きょとんとした夕鈴に、若き狼は艶然と微笑んだ。
手首をつかまれたまま、耳元に、口を寄せられて――
「次は、君が食べたい」
 
若い欲望は待つことを知らない。





大人夕鈴は、若い男の子の食べっぷりににこにこするんじゃないかな~なんて妄想。


もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 愛の檻シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png リレーss
総もくじ  3kaku_s_L.png +小説以外(感想・考察etc)
もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • [◆◆2 どこが熱い? ]へ
  • [第54話、55話 ネタバレ感想]へ
 

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。
  • [◆◆2 どこが熱い? ]へ
  • [第54話、55話 ネタバレ感想]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。