スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←◆ 手 →【感想】第47話
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 愛の檻シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png リレーss
総もくじ  3kaku_s_L.png +小説以外(感想・考察etc)
もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • [◆ 手]へ
  • [【感想】第47話]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

いただきもの

いただきもの 慎様よりイラスト お子を抱っこ

 ←◆ 手 →【感想】第47話

お子もいっしょ☆


慎様よりかわいいイラストいただきました☆
夕鈴と陛下に似てるお子がかわいいです♪
陛下が微妙な顔をしているところがなんとも(笑)



「今日はここまでにいたしましょう」
絵師は筆を置いた。王家の肖像画を描くために招かれた当代随一の絵師である。
当初は正妃の肖像画の予定だったのが、太子が母から離れないために母子の画になり、そこになぜか国王が「私がいないのはおかしい」と言い出して、激務の合間を縫って加わり、王家ご一家の画になったのであった。
「ははうえー、だっこ~~」
「ふふっ。いい子にしていたものね」
「うん!ぼく、いいこ♪」
「・・・・・・」
「あ、陛下もお忙しくていらっしゃるのに、お時間を作っていただいて、ありがとうございます」
「当然のことだ。我が妃のためなら」
「ははうえー、おんもー」
「はいはい、お散歩に行きましょうね」
「私も行くぞ!」
「・・・陛下、お待ち申し上げておりました」
「李順!」
「まあ、すごい書類の量・・・陛下、大変ですね」
「まあな。夜、君が癒してくれるか・・・?」
「ははうえー、おんもー、おんもー!にゃーにゃー!」
「そうね、猫さんと遊びましょうね。陛下、がんばってくださいね!」
「夕鈴・・・」
「さあさあ陛下、こちらへ」
「ゆーりーーん!!」


もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 愛の檻シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png リレーss
総もくじ  3kaku_s_L.png +小説以外(感想・考察etc)
もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • [◆ 手]へ
  • [【感想】第47話]へ
 

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。
  • [◆ 手]へ
  • [【感想】第47話]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。