スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←夫婦の時間(小ネタ) →後宮百景
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 愛の檻シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png リレーss
総もくじ  3kaku_s_L.png +小説以外(感想・考察etc)
もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • [夫婦の時間(小ネタ)]へ
  • [後宮百景]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

「+小説以外(感想・考察etc)」
ひとこと萌え

大ちゃんの恋を妄想してみた

 ←夫婦の時間(小ネタ) →後宮百景
大ちゃんの恋が気になる~というコメントをいただいたので、妄想してみました。
たぶんコメントしてくださった方の望む方向ではない。すみませぬ。
だーっとイメージだけで書いた走り書きです。それでも良いよという方、どうぞ。

<登場人物>
黒い椿(ネーミングセンスなくてごめん):善男善女を惑わし、天下の転覆をたくらむ邪教集団
浩大:狼陛下直属の隠密。今回の任務は黒い椿の壊滅。
花影(かえい):黒い椿の巫女として祭り上げられている少女。実際は傀儡に過ぎない。

<あらすじ>
互いに惹かれあう浩大と花影。
いろいろあって、黒い師走は壊滅。
ハリウッド的大爆発(どんなだ)があって、花影をかばって浩大重傷。


浩大の意識が戻った。
手当てをしてくれている薬師にたずねる。
「あの巫女サンはどうした?」
「多少怪我をしていますが、命に別状はありません」
「そっか」浩大はほっとした。
「噂ですが・・・」さりげなく薬師は続けた。「彼女は処刑されずに市井に戻されるそうです。殉教者扱いされるより、神通力のない普通の娘に戻してしまったほうがいいということなのでしょうね」
「ウン、そりゃそうだよな。・・・で、今、どこに?」
「ここではない別の所で、療養中です」
にこ、と薬師は微笑んだ。
「彼女の治療が終わったら、教えてあげますよ」


数週間後--
浩大は花を摘んで、小さな花束を作った。そんなことをするのは初めてだった。
隠密に香りは禁物だ。ゆえに薬草に親しむことはあっても、花と戯れることはない。
「お。なかなかイイ感じじゃん?」
浩大は上機嫌で口笛を吹いた。

駆けながら、考える。
花影をどこに連れて行ってやろうか。
広い世界を見せてやる、って約束しちまったからな。
街を一望できる丘とか。
港なんかもいいかもしれないな。

目指す場所に着く前に、薬草を摘んでいる花影の姿が見えた。
ラッキー、と浩大は駆けるのを止めた。
「よ。なんか馴染んじゃってるね~」
浩大が声をかけると、花影が顔を上げた。
おだやかな微笑みが浮かぶ。
浩大はにかっと笑って、花束を差し出した。
「やっと治療終わったんだってな。オメデトウ☆」
彼女は微笑んだまま、首をかしげた。
「どちら様ですか?」
浩大は愕然とした。
花影はオレを覚えてない?
脳裏に薬師の言葉がよみがえる。
『彼女は神がかり状態を演出するために、薬を服用させられていたようですね。薬が完全に抜けたら、服用していた間のことは忘れてしまうでしょう。そのほうが幸せかもしれません。彼女にとっては有害な記憶でしかないのだから』
フ、と皮肉な笑みが浩大の口元に宿る。
オレのことは『有害な記憶』ってワケか。
あの組織に操られていたころの記憶とひっくるめて、消えちまったのか。
浩大は花影を見つめた。
「?」口元にほほえみを絶やさず、不思議そうな顔をする花影。
邪教集団の手先だったとはとても思えない、無邪気な普通の少女に見えた。
かつて彼と争ったことも。
抱き合ったことも。
約束したことも。
すべて、何もかも、目の前の花影には残っていない。
浩大は一瞬、花影の肩をつかんで揺さぶりたい衝動に駆られた。
隠密の手はぐっと握られ・・・、弛緩した。
ぱさっ。花束が地に落ちた。
「わりぃ。・・・人違いだ」





隠密にはやはり悲恋が似合う。
元ネタがあります。確か超人ロックという、アニメ映画?子どもの頃に見たのであいまいです。
ラストがめちゃくちゃ切なかった~。話はよくわからなかったけど、「ロック、かわいそお~~」と思ったのは覚えてます。


総もくじ 3kaku_s_L.png +小説以外(感想・考察etc)
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 愛の檻シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png リレーss
総もくじ  3kaku_s_L.png +小説以外(感想・考察etc)
もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • [夫婦の時間(小ネタ)]へ
  • [後宮百景]へ
 

~ Comment ~

NoTitle 

わぁ、懐かしい「超人ロック」! 確かに映画はこんな終わりでしたね(涙)

> Full むんっ 様 

コメントありがとうございます♪子どもの頃見て泣いた映画といえば、あとはドラえもんののび太と恐竜ですかね・・・あれも泣いた~(泣)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。
  • [夫婦の時間(小ネタ)]へ
  • [後宮百景]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。