更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

付別の更新チェックはカレンダーの付をクリック ▼

2013 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2013 12

2013-11-  ] 

スポンサーサイト

[ スポンサー広告]

--.--.-- (--)

全文を読む

◆◆1 はじめての 5

[ 淑女の間(裏とも言う)]

2013.11.16 (Sat)

全文を読む

◆◆1 はじめての 4

[ 淑女の間(裏とも言う)]

2013.11.16 (Sat)

全文を読む

はじめての 3

[ 短編]

2013.11.16 (Sat)

あんな口付けされて動揺してるようじゃ、ダメなんだ。そう思い知らされた気がした。お色気美人--かつて浩大が口にした言葉を、夕鈴はしっかり覚えていた。やっぱり、そうなんだ。陛下の隣にいるのは、そういう人がふさわしいんだ。陛下に・・・あんな口付けを、されても。ちゃんと合わせられるような、見た目も陛下とつりあうような、そんな女性が。・・・私、全然、資格ない・・・。 寝台の端に座っていた陛下が、少しずれて、...全文を読む

はじめての 2

[ 短編]

2013.11.16 (Sat)

彼は、ぎゅっと締められた唇を、ほぐすように口付けた。夕鈴の唇は、やわらかくて。腕の中に閉じ込めた体も、やわらかくて。いいにおいがする・・・。胸が温かくなるような、苦しくなるような、不思議な感覚が彼を襲う。その感覚の正体を知りたくて、つい、深入りしてしまった。やわらかい唇を割って、口内に押し入る。みずみずしい粘膜の味に、渇きがいっそう掻き立てられる。私を覚えさせたい、と欲望が沸いた。全然たいしたこと...全文を読む

はじめての 1

[ 短編]

2013.11.16 (Sat)

書きかけで、倉庫にあったものを、書き上げました。 陛下の「あんなのは口付けのうちにも入らんか」発言の衝撃 +夕鈴と陛下がくっつくときって、どんな?陛下って、今までどうしてたの?(女性関係)という、深見の疑問と妄想です。 陛下の過去は、ちょびっと匂わせ程度ですけど、入ってる箇所が箇所なので、そういうのは考えたくもない!という方には、おすすめできません。すみません。私のクセで、そんなところにギャグ入れな...全文を読む

lalaファンタジーの感想(ネタばれ)

[ 原作の感想]

2013.11.16 (Sat)

他の方のレビューを読んでいたら、我慢できなくてlalaファンタジー買っちゃいました。一応、ネタばれ?陛下の帰りを待つ夕鈴の後姿がかわいい♪後宮には、陛下に色目を使う女官はいないのか?と、疑問に思ってたんですけど、そういう人はとっくにクビになってるんでしょうね。残った人たちは、陛下にびくびくしながらお仕事している。あの狼陛下を、恋人の訪れを待つように、待てるお妃様ってすごい・・・!と侍女さん視点で思って...全文を読む

前-     2013-11-       翌-

Menu

全記事表示リンク

メッセージ

深見

Author:深見
◆おすすめ作品(拍手数が多いもの)
+続きはこちらから

・短編 「ある夜の風景
・長編 「ふたりの陛下」1~5
・淑女の間 「◆◆1 続・君を乗せて」(「◆君を乗せて」の続き) 、「◆◆2 勝利の味は
・小説以外 ひとこと萌え「ちょい足し妄想・春の庭」、考察「陛下の謎の台詞「切り捨てるさ」(第4話)
<2011年12月時点>

◆拍手・コメントをくださる方へ 
+続きはこちらから

☆ありがとうございます!とっても励みになります(*^^*)
・メールフォームもあるので、ぜひ使ってやってください。


◆リンクしてくださる方へ 
+続きはこちらから

☆ありがとうございます!恐縮です(^^;)
・リンクフリーです。当サイトは大人向けもあったりしますし、はがすのもお気兼ねなくどうぞ。リンクを外して欲しいときも遠慮なくお申し付けください。


◆告知
・ここはファンサイトであり、著作権はそれぞれに帰属します。当サイトは著作権違反を目的とするサイトではありません。
・当サイト内の画像・テキストなどの無断転載、使用を禁じます。

◆当サイトの目的は夕鈴を愛でることです。自分、夕鈴愛で隊ですから!
夕鈴愛で隊
ハッピーエンド万歳!

※ブログランキングは退会しました。今までクリックしてくださった方、本当にありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。