更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

付別の更新チェックはカレンダーの付をクリック ▼

2013 04 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2013 06

2013-05-  ] 

スポンサーサイト

[ スポンサー広告]

--.--.-- (--)

全文を読む

いただきもの 慎様よりイラスト お子を抱っこ

[ いただきもの]

2013.05.17 (Fri)

慎様よりかわいいイラストいただきました☆ 夕鈴と陛下に似てるお子がかわいいです♪ 陛下が微妙な顔をしているところがなんとも(笑) 「今日はここまでにいたしましょう」 絵師は筆を置いた。王家の肖像画を描くために招かれた当代随一の絵師である。 当初は正妃の肖像画の予定だったのが、太子が母から離れないために母子の画になり、そこになぜか国王が「私がいないのはおかしい」と言い出して、激務の合間を縫って加わり、王家...全文を読む

◆ 手

[ 淑女の間(裏とも言う)]

2013.05.10 (Fri)

全文を読む

後宮百景

[ 短編]

2013.05.01 (Wed)

すみません。深見はとにかく夕鈴がモテモテの話を書きたかったらしい。1巻の第4話から発生した妄想。オリキャラ(王宮の庭師見習いの少年)視点。やや走り書き。それでもいいよ~という方、どうぞ。は~・・・。少年は庭の手入れをしながら、ため息をついた。王宮の庭は広い。彼が任されているのはほんの一角だった。彼は自分が手入れしている花をじっと眺めた。華やかさはないが、慎ましくて可憐な花だと思う。地味でつまらない花...全文を読む

大ちゃんの恋を妄想してみた

[ ひとこと萌え]

2013.05.01 (Wed)

大ちゃんの恋が気になる~というコメントをいただいたので、妄想してみました。たぶんコメントしてくださった方の望む方向ではない。すみませぬ。だーっとイメージだけで書いた走り書きです。それでも良いよという方、どうぞ。<登場人物>黒い椿(ネーミングセンスなくてごめん):善男善女を惑わし、天下の転覆をたくらむ邪教集団浩大:狼陛下直属の隠密。今回の任務は黒い椿の壊滅。花影(かえい):黒い椿の巫女として祭り上げ...全文を読む

前-     2013-05-       翌-

Menu

全記事表示リンク

メッセージ

深見

Author:深見
◆おすすめ作品(拍手数が多いもの)
+続きはこちらから

・短編 「ある夜の風景
・長編 「ふたりの陛下」1~5
・淑女の間 「◆◆1 続・君を乗せて」(「◆君を乗せて」の続き) 、「◆◆2 勝利の味は
・小説以外 ひとこと萌え「ちょい足し妄想・春の庭」、考察「陛下の謎の台詞「切り捨てるさ」(第4話)
<2011年12月時点>

◆拍手・コメントをくださる方へ 
+続きはこちらから

☆ありがとうございます!とっても励みになります(*^^*)
・メールフォームもあるので、ぜひ使ってやってください。


◆リンクしてくださる方へ 
+続きはこちらから

☆ありがとうございます!恐縮です(^^;)
・リンクフリーです。当サイトは大人向けもあったりしますし、はがすのもお気兼ねなくどうぞ。リンクを外して欲しいときも遠慮なくお申し付けください。


◆告知
・ここはファンサイトであり、著作権はそれぞれに帰属します。当サイトは著作権違反を目的とするサイトではありません。
・当サイト内の画像・テキストなどの無断転載、使用を禁じます。

◆当サイトの目的は夕鈴を愛でることです。自分、夕鈴愛で隊ですから!
夕鈴愛で隊
ハッピーエンド万歳!

※ブログランキングは退会しました。今までクリックしてくださった方、本当にありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。