更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

付別の更新チェックはカレンダーの付をクリック ▼

2012 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2012 09

2012-08-  ] 

スポンサーサイト

[ スポンサー広告]

--.--.-- (--)

全文を読む

【感想】第38話

[ 原作の感想]

2012.08.25 (Sat)

ネタバレ感想です。水上の建物で涼をとりつつ、楽人の演奏を背景に--夕鈴を隣に座らせ、足を組みつつお酒をたしなむ陛下。仕事が落ち着いたのか、前回の夕鈴の台詞で自信ついちゃったのか、余裕たっぷりですv陛下のお仕事も6月で期末締めとかあるんだろうか(笑)そしてふたりは星祭りのために山奥の離宮へ。ここでまさかの勉強合宿。妃が。高原のリゾートステイ☆じゃなくて、これじゃ予備校の夏季合宿だよ・・・。夕鈴の勉強な...全文を読む

夢の通い路 

[ 短編]

2012.08.19 (Sun)

◆警告!陛下がヘタレまくってます。 夕鈴の家出編のちょい足し妄想的なお話です。 ぎりぎり健全のつもり。 妃が後宮から家出して、数日が経っていた。 妃が不在の間も、王は夜になると妃の部屋を訪れた。 周囲もこの奇行に慣れていて、その夜も妃付きの侍女は心得たように下がっていった。 彼は夕鈴の寝台に横たわった。 どことなく甘い香りがして、夕鈴を思い出してしまう。 もっとも、それが目的でこの部屋を訪れたのだが。 正直...全文を読む

兎のおそうじ

[ 短編]

2012.08.11 (Sat)

演技夫婦です。小犬陛下です。女性上位なお話?とっても健全・・・のはず。小ネタ。 夕鈴は掃除婦のバイトをしていた。 珍しく老師にも浩大にもじゃまされず、一人で無心に仕事していたとき。 突然、目の前が暗くなった。 「きゃああっ!」 「だ~れだ」 「・・・もう、陛下!悪ふざけはやめてください!」 後ろから目隠しをしていたのは、陛下だった。 「だって夕鈴がお掃除に夢中で、僕に気づいてくれないんだもん」すねるように...全文を読む

前-     2012-08-       翌-

Menu

全記事表示リンク

メッセージ

深見

Author:深見
◆おすすめ作品(拍手数が多いもの)
+続きはこちらから

・短編 「ある夜の風景
・長編 「ふたりの陛下」1~5
・淑女の間 「◆◆1 続・君を乗せて」(「◆君を乗せて」の続き) 、「◆◆2 勝利の味は
・小説以外 ひとこと萌え「ちょい足し妄想・春の庭」、考察「陛下の謎の台詞「切り捨てるさ」(第4話)
<2011年12月時点>

◆拍手・コメントをくださる方へ 
+続きはこちらから

☆ありがとうございます!とっても励みになります(*^^*)
・メールフォームもあるので、ぜひ使ってやってください。


◆リンクしてくださる方へ 
+続きはこちらから

☆ありがとうございます!恐縮です(^^;)
・リンクフリーです。当サイトは大人向けもあったりしますし、はがすのもお気兼ねなくどうぞ。リンクを外して欲しいときも遠慮なくお申し付けください。


◆告知
・ここはファンサイトであり、著作権はそれぞれに帰属します。当サイトは著作権違反を目的とするサイトではありません。
・当サイト内の画像・テキストなどの無断転載、使用を禁じます。

◆当サイトの目的は夕鈴を愛でることです。自分、夕鈴愛で隊ですから!
夕鈴愛で隊
ハッピーエンド万歳!

※ブログランキングは退会しました。今までクリックしてくださった方、本当にありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。