更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

付別の更新チェックはカレンダーの付をクリック ▼

2012 04 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2012 06

2012-05-  ] 

スポンサーサイト

[ スポンサー広告]

--.--.-- (--)

全文を読む

◆◆1 雨の四阿

[ 淑女の間(裏とも言う)]

2012.05.27 (Sun)

全文を読む

【感想】第35話 いやだ

[ 原作の感想]

2012.05.25 (Fri)

狼陛下の花嫁第35話ネタバレ感想です。一言で言うと、監禁事件は陛下が出てきてあっという間に収束してしまいました。陛下、仕事速すぎ(笑)例の新キャラは実は潜入操作中の陛下側の人間でした。名前は徐克右。訳あって今は似合わない仕事(諜報活動)をさせられてるけど、陛下はとても目をかけておられるご様子。豪快でさっぱりした気性の彼(こっちが素で、裏のありそうな顔のほうが演技らしい)にあえて不得意な仕事を経験させ...全文を読む

元気よすぎる舞姫の話

[ 短編]

2012.05.22 (Tue)

勝手に捏造した、陛下の両親のお話です。 --先々代の王の御世、白陽国の王宮-- 宴の最中、王は、舞姫たちによる舞を見ていた。 特に興味があるわけではない。 いつもは舞を見ているふりをして、頭の中で全然違うことを考えていたり、家臣たちの様子を眺めていたりするのだが。 そのときは違った。 ひとりの舞姫が、彼の目を惹いた。 ・・・なんだあの舞姫は。 技術的には申し分ない。躍動感もある。 しかし決定的に・・・なん...全文を読む

美しい罠 おまけ

[ 兎女王シリーズ(by深見)]

2012.05.13 (Sun)

白陽国の王宮の夜。 その日は、黄土国の使節を迎えて宴が催されていた。 気候が良いということで、庭に灯りをともして花見の宴になった。 宮中警護の長である黎翔は、警護の任務を口実に、夕鈴のそばに張り付いていたかったのだが。 使節の方が怖がって宴の雰囲気が壊れますから、と李順に反対されて。 結局、家臣の列に彼の席が設けられることになった。 その夜の女王は-- 豪華な衣装に身を包み、王宮の主であるにもかかわらず...全文を読む

前-     2012-05-       翌-

Menu

全記事表示リンク

メッセージ

深見

Author:深見
◆おすすめ作品(拍手数が多いもの)
+続きはこちらから

・短編 「ある夜の風景
・長編 「ふたりの陛下」1~5
・淑女の間 「◆◆1 続・君を乗せて」(「◆君を乗せて」の続き) 、「◆◆2 勝利の味は
・小説以外 ひとこと萌え「ちょい足し妄想・春の庭」、考察「陛下の謎の台詞「切り捨てるさ」(第4話)
<2011年12月時点>

◆拍手・コメントをくださる方へ 
+続きはこちらから

☆ありがとうございます!とっても励みになります(*^^*)
・メールフォームもあるので、ぜひ使ってやってください。


◆リンクしてくださる方へ 
+続きはこちらから

☆ありがとうございます!恐縮です(^^;)
・リンクフリーです。当サイトは大人向けもあったりしますし、はがすのもお気兼ねなくどうぞ。リンクを外して欲しいときも遠慮なくお申し付けください。


◆告知
・ここはファンサイトであり、著作権はそれぞれに帰属します。当サイトは著作権違反を目的とするサイトではありません。
・当サイト内の画像・テキストなどの無断転載、使用を禁じます。

◆当サイトの目的は夕鈴を愛でることです。自分、夕鈴愛で隊ですから!
夕鈴愛で隊
ハッピーエンド万歳!

※ブログランキングは退会しました。今までクリックしてくださった方、本当にありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。